40代で一番お世話になった化粧品40代で一番お世話になった化粧品のこと

化粧品は40代の時に一番お世話になりました

化粧品は40代の時に一番お世話になりました

最も化粧品を使った年代というのは20代でも、今の50代でもなく、やはり40代でしょうかね。

40代でしっかりとお肌のケアを欠かさなかったからこそ、50代となった今も若々しい肌を保つことができているように思います。

まあ、自分で若々しい、なんていうのはちょっと恥ずかしいというか、おこがましいのかもしれませんけれど、実際周りの友人なんかにも肌は褒められます。

「本当に白くて透明感があって羨ましい」なんて言われるとやはり舞い上がってしまいますね。

この前も、40代の方に「本当に若いですね。

やはり肌がきれいというだけで、印象は違ってくるんですね」と、にこやかに褒められて、とても嬉しかったですね。

けれど、私は別に、特別なことをしていたわけではありません。

毎日欠かさず、化粧品を肌につけていただけです。

スリーステップの簡単なものでしたが、それだけでもう肌の質はだいぶ変わってきます。

むしろ、若い頃よりも肌の状態はいいかもしれません。

40代に必須な化粧品

40代にとって、どうしても必要になってくるのは化粧品ですが、それにはしっかりとした理由があります。

一つには、もちろん、40代になると肌の老化が進む、ということが挙げられます。

40代になるということはそういうことです。

それから、お肌の回復力が落ちるということも挙げられるでしょう。

今まではなんともなかったはずのお肌の負担が、蓄積されたダメージが、ここで露わになってくるということもあります。

そして、あとはなし崩しにお肌はボロボロになってしまいます。

これは仕方のないことです。

そして、だからこそ化粧品が必要なんです。

これ一つあれば、間違いなく肌質は改善されますし、今あるしみやくすみもある程度取り除かれます。

しかし、化粧品でのケアを怠れば、肌はどんどん劣化していきます。

道は二つに一つです。

40代からの化粧品

40代という年齢に怯える必要はまったくありません。

適切な対処をとることで、どうにでも改善されるのですから。

あとは早いか遅いかの違いです。